Greeting

ごあいさつ

お客様と共に創造するオーダースーツ

お客様一人ひとりの個性やスタイルに合わせた、唯一無二のスーツを提供しており、洗練されたデザインと高品質な素材を組み合わせ、最上のフィット感と快適さを追求しております。オーダースーツの製作は、単なる衣服の提供にとどまらず、お客様との信頼関係を築きながら共に素晴らしいスタイルを創造いたします。お客様のご要望に真摯にお応えし、高品質なスーツを創り上げます。

小柴 晃
Koshiba Akira

Instagram

LINE

facebook

thing sting オーナー

四日市生まれ、趣味はヒルクライム、登山、サーフィンのアウトドア派です。その後の温泉も大好きです。

所有資格

JOSSCA(日本オーダースーツ技能認定協会) ハイマイスター

オーナーからのメッセージ

いつもthing stingを支えて頂いてありがとうございます。


皆様はじめまして。thing stingオーナー小柴 晃です。

thing stingのサイトにお越しいただき誠にありがとうございます。

せっかくこのページを覗いて頂いた皆様に、少しだけ私の考えをお読みいただければ嬉しく思います。

thing stingは1991年創業

当店は1991年にオープンしました。まだCDが200万枚、300万枚と、たくさん売れていた時代です。場所は今と変わらない四日市の富田です。


近くにコンビニができたり、それが閉店したり、大きなショッピングモールができたりと、周囲の景色は時代とともに大きく変わりましたが、thing stingはこうして長い間お客様に支えられて変わらず営業を続けてこれたことに感謝の念が尽きません。

洋服の価値以外にご提供するべき価値

thing stingの商品はロサンゼルスやニューヨークの現地買付けを中心に取り揃えており、商品の品質には絶対の自信を持っています。


しかし以前、お店でお客様に洋服をご説明したりコーディネートの相談をしていたときに、ふと気付いたことがありました。それは多くのお客様がコーディネートを楽しんでいるのではなく、コーディネートに悩んでいるということです。


私のような根っからの洋服好きにとっては、今日どんな服を着るか考えることは楽しいことですが、多くの人にとってそれは


・どんな服を着ればダサいと言われないか

・どんなコーディネートが正しいのか


と言った日々の「悩み」であったのです。それから私は「悩めるコーディネートから楽しむコーディネート」をテーマに、洋服の価値以外にお客様にご提供できる価値を探してきました。

まずは自信の持てるワンアイテムを
そのワンアイテムをスタート地点に

洋服は点ではありません。線です。まずは大切なワンアイテムを手に入れましょう。そのワンアイテムを手に入れたところから、お客様がどんな洋服を着たいのかが少しずつ見えてくるスタート地点になるはずです。私の役目はその道筋を作ることです。


お客様に合う色はなんだろう?お客様が着たい色はなんだろう?なぜその色が好きなのだろう?ではthing stingができることはなんだろう?そんなことを常日頃考えています。


通常営業でお客様にそれをお伝えする努力はもちろんですが、より楽しく深くファッションを楽しんで頂くために定期的にコーディネート交流会も行うようになりました。

ファッション(流行)に
とらわれないコーディネートを

私は「ファッション」という言葉を使いません。一般的なファッションという言葉の認識とズレがあるのですが、ファッションとはもともと「流行」という意味だからです。


今年はかっこいいけど来年はダサい、なんて言われてしまうコーディネートは正しいものではありません。thing stingでファッションにとらわれない自分らしいコーディネートをぜひ見つけて下さい。

ゴールは洋服でもっともっと
自分を好きになって頂くこと

thing stingの使命は質の高い良質な洋服を幅広く揃えること、そしてコーディネートでお客様の人生をより豊かにさせることです。その為に"着ること"を楽しんで、自分自身をもっともっと好きになって頂きたいのです。


「自分を好きになる」ということは、人生を豊かに生きるためにとても重要なことです。


想像してみて下さい。毎日「オシャレだね」と言われる自分を。人気者になった自分を。仕事の成約率が上がり周囲から高い評価を受ける自分を。暗かった性格が明るくなり、活き活きしている自分を。休みの日は街に出かけたくなる自分を。


たかが洋服ですが、されど洋服です。洋服とそのコーディネートは素敵な魔法を起こします。その魔法でもっともっとご自身を好きになって下さい。そのお手伝いはthing stingにお任せ下さい。